弦は中ほどに締めてこそ、美しい音色が奏でられる

7777776777

弦は中ほどに締めてこそ、美しい音色が奏でられる

 

お母さまの、お子さまに対する立ち位置は、お父さまとも、教室の先生とも違います。

 

お勉強だけでなく、生活も一緒
怒る役割を担い、楽しく過ごす役割も担います。

 

お子さまに対して何か心配なことがあれば、寝ても覚めても、仕事中であっても、頭から離れることはありません。

 

全てにおいて、お母さまとお子さまは、一緒です。

 

こんなに、一緒なわけです。

こんなに、すべてを担っています。

 

 

その全てに対して、「完ぺきにこなさなければ」と、自らを奮い立たせてしまうことがあります。

 

向上、成長のために、自らを奮い立たせることは大切なことです。

 

ですが、いつもいつも奮い立たせてはいけません。

 

やがて、無理が生じて、疲れ果ててしまいます。

 

 

「疲れてきたかもね…」

 

そう思ったなら、奮い立たせるよりも、自らを、「緩めて」、「許して」、「認めて」、「ほめて」、「包み込む」ことの方が必要かもしれません。

 

 

お釈迦さまは、おっしゃっていました。

「琴の弦は強く締めれば切れてしまう、ゆるめ過ぎては音色が悪い、弦は中ほどに締めてこそ美しい音色が奏でられる」

「子育て」も「受験勉強」も、「琴の弦」に似たところがあります。

 

追い込み過ぎては、心が昂ぶります。

 

お母さまの心が昂れば、やはり、お子さまの心も昂ります。

 

昂ったもの同士が近くにいれば、結果、争い、軋轢が生じます。

 

 

受験勉強も子育ても、「向上」、「前進」、「成長」、「成功」といったポジティブな面ばかり目指してしまいがちです。

 

 

それは、絶対に正しいのですが、どうか、何事も極端に偏ることなく、「丁度良い加減=中ほど」を見つけてください。

 

□「向上」を目指すのなら、敢えて「緩める時間」も持ちます。

□「成長」を目指すのなら、敢えて「許す時間」も持ちます。

□「厳しさ」を強いるのなら、敢えて「包み込む時間」も持ちます。

 

「許す」、「緩める」、「包み込む」、「ほめる」は、もちろん、お子さまに対して有効です。

 

ですが、実は、「自分自身=お母さま自身」に対して、それらができることも、同じくらい大切です。

 

「自分」を認め、「自分」を許す
「自分自身」を包み込み、「自ら」をほめたたえます

 

これらができると、ほんの少しではありますが、子育ても、お受験生活も、ゆるやかに、楽しくなるかもしれませんね。

 

是非とも、お試しください。

 

 

 

 

感謝の意を込めまして   神山眞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です