ちいさな手裏剣

折り紙

ちいさな手裏剣

 

春のはじめ、ひとりの男の子は、

休み時間になると、いつも、アシスタントの先生に、折り方を教わっていました。

でも、すぐには、手裏剣を折れるようにはなりませんでした。

 

 

あきらめることなく

来るたびに、いつもいつも、教わり続けました。

 

 

梅雨が終わり、夏休みが近づいてきました。

 

 

ふと気がつくと…

 

 

折り紙を、4枚の真四角に裂き
そのうちの、2枚を使って

 

とてもとても、小さな手裏剣を、それはそれは、見事な手さばきで、折ることができるようになっていました!!

 

 

いつの間にか
物凄いレベルに到達!!

 

 

折れるようになったこと
それ自体が素晴らしい

 

ですが、
もっと素晴らしいのは、

 

“できないことも、続けることで、できるようになる”

そのことを、「実感・体感」したことではないでしょうか。

 

 

これから先、このお子さまは、

 

□出来ないことがあっても

□困難にであっても

□わからないことがあっても

□勝てないことがあっても

 

“続けていくうちに、いつか、きっとできるようになる”

そう思いながら、粘り強く、対処できるはずです。

 

 

これが!!

これこそが!!

本当の「生涯を貫く財産」と言えます!!

 

 

折り紙を通して
手裏剣づくりに励むことで

 

大きな、大きな、「財産」を手にいれた、そんな素晴らしい瞬間に立ち会うことが出来ました。

 

 

きょうも、べんきょうさせていただきました!!

 

 

 

 

感謝の意を込めまして   神山眞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です