睡眠時間と学校の成績の関連性 「ある?」or「ない?」

寝起き

睡眠時間と学校の成績の関連性は、「ある?」or「ない?」

 

本が好きです

 

読むだけではなく

 

選ぶのも
手に取るのも
買うのも

 

においも
重さを感じることも
紙の質感の違いすらも

 

本に関わることの全てが、大好きです

 

なので、

3日に1冊のペースで、本を購入し

4日に1冊のペースで、読み進めています

 

 

その中でも、睡眠に関する本は、何と、今年で3冊目

 

□睡眠と病気の関連性
□睡眠と記憶の関連性
□睡眠と精神状態の関連性

 

これらは、どの「睡眠本」にも記載されています。

 

 

 

しかし、今回の「睡眠本」には、なんと

 

□子どもの睡眠不足と、増え続けるADHDとの関連

□睡眠時間と学校の成績の関連性

□子どもの自殺、いじめ、ドラッグ依存と睡眠の関係

□夢は心の傷薬

 

このような、「幼児教育」に携わっている人間に必須の情報がいくつか入っています。

 

 

“今すぐ知りたい”
そう思った方もいるのではないでしょうか?

 

焦りは禁物です。
この手の本には、

 

□臨床実験や調査に基づいていない
(著者の「~だと思うよ」的な内容)

□過去の事例からの予想
(「~であるはずだ」的内容)

□商業的要素が強い
(本を売るために作り上げられた内容)

 

といったこともあるので、よくよく吟味したうえで、皆さまにシェアしたいと思います。

 

“寝不足は緩慢な自殺である”と主張する著者

「大袈裟かな?」といった表現も多々見受けられますが

おそらく真実なのでは?

そのように思わせるだけの説得力に富んだ「睡眠本」でした。

 

 

 

感謝の意を込めまして  神山眞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です