筑波大学附属小学校の試験時に、着替えは、“ある?”それとも“ない?”

虫歯

「10日連続チャレンジ」

 

 

 本日より、神山の、神山による、皆さまのための、「国立小学校10日連続チャレンジクイズ」を行います。

 

 

それでは、早速「10日連続チャレンジクイズ」の第一弾!!

 

 

「筑波大学附属小学校の試験時に、着替えは、“ある?”それとも“ない?”」

 

 

筑波小では、毎年、毎回、男子女子に関わらず、そしてどの月齢においても、運動課題の時に、「くまあるき」が行われています。

 

全力で、あれだけの距離を、可能な限り早く走るわけですから、

当然、着替えは…

「ありません!!」

 

 

ペーパー時から運動課題まで、全ての課題を同じ服装で行います。

だからこそ、動きやすい恰好であることを前提に服装を選ぶ必要があります。

 

 

よって、筑波小試験日当日は、いわゆる「筑波ルック」のお子さまで、茗荷谷の駅は、大賑わいです。

 

マクドナルドにも、サンマルクカフェにも、筑波小を受けるであろう格好のお子さまが大挙しています。

 

なぜか、その時点で、すでに、半そで姿になっている子もちらほら

 

 

筑波ルック、それは、

 

■男子:ポロシャツ+ベスト+半ズボン

(ベストを着用しないお子さまもいます)

 

■女子:ポロシャツ(またはブラウス)+ベスト+キュロットパンツorお子様用バミューダorキュロットスカート

(清楚で丈の長いワンピースでは、クマ歩きに対応するのが難しいです)

(キュロットパンツ、お子様用バミューダ、キュロットスカートの違いについてですか?→これは、私にはわかりません!)

(ハッピークローバーさんを検索の上、ご参照ください!!)

(※ハッピークローバーさんの商品を必ずしもお勧めしているわけではありません。とても写真が見やすいから、参考にしてみてください、ということです)

 

 

結論:私立小にはお着換えするところもあるが、筑波では一切の着替えは無し

 

 

 

 

ーお知らせー

 

本日、「オールインワン180ステップ2」の、お返事メールを、皆さまにいたしました。

もしも、「届いてない!!」と言ったことがございましたら、お手数をおかけしますが、ご連絡をお願いいたします。

 

子どもたちと過ごすことの、とてつもない素晴らしさを、皆さまと、いつまでもいつまでも、共有していけるように頑張ります

 

神山眞

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です