静寂の時間

レンゲソウ

静寂の時間

 

 

雨の音って、いいですね

少し、窓を開けた時の音

その窓を閉めた時の音

どちらも好きです

 

 

一人遊びをしている時の、

子どもが発する「擬音」や「独り芝居の音」もいいですね

「やすらぎ」を感じる音です

 

 

でも、私が、一番好きな音は、保育園の音です。

遠くから、うっすらと聞こえてくるざわめきの音が、大好きです。

 

 

笑い声、泣き声、先生が怒っている声、子どもがはしゃいでいる声

それらが、混ざり合い、風に乗って、ちょうどよい加減で、仕事中の私の耳元に届きます。

ほどほどの「喧噪=やかましさ」が、実に心地よいのです。

 

 

そんな、「喧噪の時」が、ぴたっと13時くらいになると止みます。

さっきまでのやかましさはどこへやら

物音ひとつしない、「静寂の時」が訪れます。

 

 

でもその静けさは、夜におとずれる、全くの「無音」とは、ちょっと違います。

お昼の「静寂」には、音があるような気がします。

 

 

聴覚的には、聞き取れはしないけど、「息遣い」や「思い=感情=気持ち」が感じられるからなのでしょうね。

こういった、「静寂の音」がたまらないほど好きです。

 

 

保育園の近くに、事務所があるのって、最高ですね!!

 

 

 

子どもたちは、「声=言葉」だけでなく、心からも、「気持ちと言う音」を発しています。

 

その音は、私たちがせわしなく動き回りすぎていると、聞こえません。

 

 

大人である私たちは、「その音=子どもの心も声=気持ち」に、気づくことができるように、ときどき、自分の中に「静寂の時間」を持てるようにしたいものですね。

 

 

「静寂の時間」は、開いている何かを閉じた瞬間におとずることが多いです。

 

スマホを閉じ、パソコンを閉じ、仕事の資料を閉じて、ときどき、「静寂の時間」を持ちましょう。

 

 

 

感謝の意を込めまして   神山眞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です