製作課題、「やりたくない!」への処方箋 PART3

折り紙

製作課題、「やりたくない!」への処方箋 PART3

 

 

量少な目、でも頻度高め=スモールステップ式】

 

いやだ!!いやだ!!モードの時は、決して無理せず、1回にやる量を極力少なくしてみてください。

 

 

仮に、「不快ゾーン」にお子さまが至りそうになっても、「とてもとても短い時間だよ!!がんばろう!!おわったら、ごほうびシールをぺたんと貼りましょう!!」で始めます。

 

 

そうですね、時間にして、1分くらいでもいいです。

その代わり、一定期間、毎日毎日、コツコツコツコツ製作課題を行います。

 

 

そうです、スランプ時は、「一回にやる量は少なめ、でも頻度高め」です。

これがコツ!!

 

 

この処方箋には、「知らず知らずに手先指先が動くようになる」&「続けることができているということで、自己肯定感を高める」といった二つの効能が期待できます。

 

 

もしかしたら、今回紹介した3つの処方箋の中で、1番パワーがあります。

 

 

量は少なめ、でも頻度高め

お試しください!!

 

 

 

 

感謝の意を込めまして  神山眞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事がいや!!絶対いや!!今日はやらない!!

私にも、そんな日があります。

 

 

そんな時、どうするか?

 

 

こたえは、「仕事を始める」です。

 

 

「ちょっとでいいから始めてみよう」

「気分が乗らない?そんな時もあるよ、まぁ、始めてみよう」

 

といった具合に、自らに「ちょっと」であることを言い聞かせ、仕事を始めます。

 

 

すると…

 

「たのしい!!」

「仕事って楽しい!!」

「仕事をやるために生まれてきたに違いない!!」

 

となります。

 

 

量少な目、でも頻度高め

お試しください!!

 

 

 

 

 

実をいうと

 

なんだ、ちっとも、楽しくならない…

だめだ、きょうは…

あしたがんばろう…

 

そんな日もあります。

 

でも、やれただけ凄い!!

 

「レジリエンス」と言う言葉を知ってから、そう思えるようになりました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です