国立小受験「最も適している図鑑」はこれ! -野菜と果物編-

09217220

国立小受験の常識課題に「最も適している図鑑」はこれ!! PART2

 

【野菜や果物に関する課題】

 

野菜や果物に関する課題も、多種多様、実によく出題されています。

 

□育つ場所に関する課題=土の中で育つ、土の上、はたまた枝

□切ったときの断面図

□果物や野菜の種

 

これらは、ペーパー課題として、出題されています。

 

一方、ペーパー課題意外にも、口頭試問課題として、

 

□「ジャガイモを使ったお料理は?」

□「カレーライスの中にはどんなお野菜が?」

□「お母さまの作る野菜を使った料理」

□「野菜の好き嫌いに関する質問」

 

なんて言うものもあります。

 

平成17年7月に「食育基本法」が施行され、全国の幼稚園、保育園、小学校に導入されてから、一層、「食育関連」の課題が増えています。

なので、これからも、「野菜、果物」の課題には要チェックです。

 

「野菜や果物に関する課題」にぴったりな図鑑は、「野菜と果物の図鑑(小学館プレNEOシリーズ)」です。

 

断面図はもちろん、育つ場所も、栽培時期も、キチンと押さえています。

 

そして、何よりも、見やすい!!

図鑑は、ここが肝心です。

 

「ごちゃごちゃしている」のは、ダメです!!

幼児は、それだけで、興味を失ってしまいます。 

 

「野菜と果物の図鑑」、一度、手に取って、お子さまに見せてあげてください。

興味を持った場合には、是非とも、購入することをお勧めします。

 

 

 

感謝の意を込めまして   神山眞

 

 

 

 

明日は、「生き物に関する図鑑」の紹介です。

楽しみにしていてください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、眠りにつく、その瞬間まで、本を手から放しません。

なので、目が覚めると、布団のどこかに、埋もれたであろう場所から、本を探しだすことが、朝一番に行う作業となります。

 

息子も、私を真似て、寝る瞬間まで、本(マンガ含む)を読んでいます。

読書の習慣が身についたことは、他のどんな習慣が身につくよりも、親として嬉しく思っています。

 

しかし、私と違うのは、目覚めた時に、本を探しだす作業をしないことです。

なので、ベッドの周りが、本だらけです。

 

中途半端な量の時は、乱雑さしか感じられなかったのですが、日々の積み重ねとは、実に、偉大です。

日に日に、積み上げられ、月日を重ねたその様は、要塞のようで、ちょっと格好いいです!!

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です