「きちんと座れない」→姿勢保持の特効薬!!

鉄棒

 

 

 

姿勢保持の特効薬

 

 

■1:姿勢のことでお悩みですか?

 

すぐに姿勢を崩してしまう

椅子に座っていても、机の上に身体を倒す

 

そんなお子さまが、多いです。

以前よりも、増えているような気がします。

 

“我が子の姿勢をよくしたい”

親であれば、誰もが、1度は思うはずです。

 

 

■2:「きちんととしなさい!!」でいいですか?

 

「きちんとしなさい」

「しっかり座っていなさい」

そんな声を先生や、お父さま、お母さまはかけます。

 

でも、精神論だけで直さない方がよいみたいですよ。

 

 

■3:「姿勢が悪い」その背景にあるもの

 

姿勢が悪い、その背景を探るために、1冊の「書物」を紐解いてみます。

 

著書名は、「気になるこの体育」(学研:分担執筆)

 

筑波大学附属小学校の清水先生が、著書の中で、極めて重要なことを述べています。

 

それは

“「姿勢」をよくしたいのなら、「体幹」を上手に締めなさい”です

 

姿勢が悪いと、どうしても私たちは、「精神論」に走ってしまいがちです。

でも、どうも、そうであるとは限らないようです。

 

そんな、私たちに、清水先生は、「体幹」の重要性を示唆してくれました。

 

 

■4:体幹の締め方

 

現代の子どもたちは

□日常生活の中で全身をギュッと縮めることがない

□思い切り全身に力を入れる機会が少ない

 

だから

□体を安定させることが苦手

□良い姿勢を保持できない

 

なるほど、その通りかもしれません。

 

では、「体幹を締める」には、具体的に何を行えばよいのでしょう?

「体幹を締めるのにふさわしい運動をたくさん行いましょう!!」

そのように清水先生はおっしゃっています。

 

運動なら何でもいいわけではなさそうです。

体幹を締めるのにふさわしい運動というものがあるようです。

 

 

■5:体幹を締めるのに最もふさわしい運動

 

清水先生お勧めの、体幹を締めるのにふさわしい運動を一挙紹介

 

□ジャングルジム

□うんてい

□登り棒

□ターザンロープ

 

高いところは、体が思い切り緊張します。

緊張させた状態で、自由に動き回ることで、体幹が締まります。

 

さらに、清水先生は、鉄棒での「ダンゴムシ」も推奨。

これは、実際に、筑波の試験で出題されたことがあります。

 

確かに、この「ダンゴムシ」は、「ギュッ」と身体を締める感覚が身につきそうです。

 

晴れている日は、やっぱり公園!!

これに尽きます。

 

高い遊具目指して、まっしぐらです。

 

※「ダンゴムシ」は、「ダンゴムシ 鉄棒」で検索すると、たくさん出てきます。

「ダンゴムシ」のままで検索すると、男の子のお子さんは大喜びの画像がいっぱいです。

 

 

先週の金曜日は、大変申し訳ございませんでした。

いよいよ明日、受付開始です!!

3月のオールインワンベーシック110

■A:3月21日(水)

場所:三軒茶屋「TMイングリッシュアカデミー」

時間:1000~1150

講師:神山眞

対象:新年長の皆さん

定員:8名くらい

講習費:6,500円(税込み)

■B:3月21日(水)

場所:三軒茶屋「TMイングリッシュアカデミー」

時間:1330~1520

講師:藤田先生

対象:新年長の皆さん

定員:8名くらい

講習費:6,500円(税込み)

3月25日(日)

場所:中野「アイル学院」

時間:1000~1150

講師:藤田先生

 対象:新年長の皆さん

 定員:8名くらい

講習費:6,500円(税込み)

※3講座とも、同じ内容です。

 場所、時間、講師が違っております。

「ペーパー」、「製作」、「行動観察」を行います。

受付開始日:あす、2月19日(月)の午前9時からです。

「ご希望の講座を(A)、(B)、(C)でご指定下さい」、「お子さまのお名前(読み仮名もお願い致します)」、「生年月日」、「お電話番号」、「ご住所」「国立小の第一志望校」をご記入の上、お申し込みください。

※第1希望~第2希望までご記入いただけます。

※地球丸のブログの上にある、「24時間受付中 お申込みフォーム」よりお願い致します。

 

感謝の意を込めまして  神山眞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です