「毎回褒める」は、まちがい?!

かけっこ

 

「毎回褒める」は、まちがい?!

 

精神科医の樺沢紫苑先生が、「YouTube」の中で、非常に興味深い話をしていました。

 

それは、

「褒める=ドーパミン」

「感謝=エンドルフィン」

です。

 

 

これは、おもしろい!!

そう思った私は、あちこちから、

たくさんの情報を収集しました。

 

すると、これまた、

おもしろい「実験結果」を発見!!

 

その実験によると、「毎回褒める」よりも、「2回に1回褒める」の方が「効果絶大」という衝撃の結果が導き出されていました。

 

「褒められる」ことによって、人はモチベーションを上げ、勇気を持ち、チャレンジすることができるようになります。

 

 

しかし、そんな「褒める」も、「完全無欠」というわけではなかったのですね!!

 

それは、

毎回褒められると、時が経つにつれて、

褒められることに慣れてしまい、

効果が薄くなってしまうからだそうです。

 

 

ここで、皆さんは、

「よーし!!今日から“褒めるは2回に一回”!!」

と思うわけです。

 

ですが…

「2回に1回褒める」がいくら効果的とはいっても、「残りの1回」をノーリアクションにするのは、いくら何でも気が引けるというものです。

 

 

そこで、登場するのが、「感謝」!!

 

「感謝」は「エンドルフィン」!!

「エンドルフィン」は「多幸感」をもたらします。

 

そして、「慣れて効果が薄くなる」ということもないそうです。

たしかに、「ありがとう!!」という言葉は、何回言われても、何百回言われても、飽きることはなく、ますます嬉しくなってしまいますよね。

 

 

しかも、「感謝」には特筆すべき点があります。

それは、「言われた人だけ」ではなく、「言った人」も

「エンドルフィン(多幸感)」の恩恵が受けられるという点です。

 

言った人も言われた人も幸福感を味わうことができる言葉、それが「感謝の言葉」だったのですね!!

 

 

 

【本日の結論!!】

 

「2回に1回=褒める」

「残りの1回=感謝」

 

皆さんのお子さんが、

 

■素敵な笑顔だったら

■素晴らしい表情だったら

■新しいことにチャレンジ出来たら

■優しい言葉を発したら

■お手伝いをしたら

 

「すごいね!!」

「かっこいい!!」

「えらい!!」

「ありがとう!!うれしいなぁ!!」

「ありがとう!!たすかるよ!!」

を加えてみましょう!!

 

 

 

感謝の意を込めまして   神山眞

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です