国立小の行動観察 「微妙な差は、大きな差」

サラダ

 

国立小受験 「微妙な差が合否を分ける」

 

-ここ貼れてないよ-

 

【強い口調と優しい言い方】

 

行動観察には、「集団製作系」と呼ばれるものがあります。
みんなで、絵を描いたり、ちぎったものを貼ったりしながら、一つの作品を完成させるものですね。

 

課題中の「貼る」という行為ひとつとっても、様々な個性が見えてきます。

 

「ここ貼れてないよ!!」

 

同じ言葉、同じ語彙でも、言い方や表情が違うとずいぶんと受け取る側の印象が違います。

 

眉間にしわを寄せ、強すぎる口調で言うと、周りを非難しているような印象を与えてしまいます。

あたたかな眼差しで、口調も優しく言うと、周りにアドバイスをしている印象を与えます。

 

「眼差し」や「口調」が「優しく穏やか」である
とっても大切です

 

そのためには、大人である私たちが子どもたちと接する時に次のことを意識できるといいですね。

 

一つ目:優しいまなざしで子どもを見る

二つ目:笑顔を絶やさず、にこやかな顔で子どもに接する

三つ目:あたたかく、思いやりのある言葉を子どもにかけ続ける

 

 

 

 

 

 

できっこない?

 

 

 

 

そこまで無理するのはちょっと?

 

 

 

 

 

そうですか…

 

 

 

でも

 

 

 

子どものためだったら

 

 

少しぐらい

無理しましょうよ!!

 

 

 

<本日のまとめ>

 

子どもですから、時に強い口調になることも必要です。
子どもですから、時に眉間にしわを寄せ、鋭い目で他者に挑むことも必要です。

 

でも、行動観察中の皆で楽しく過ごす場面では、それらを敢えて持ち出す必要はないでしょう。
優しく穏やかにお話ができるようにしましょう。

 

その為には、大人である私たちがそのお手本となりましょう。

 

 

 

-お知らせです-

 

明日は、「小金井小・大泉小合格 オールインワン講座」の受付開始日です!!

 

【小金井・大泉合格 オールインワン講座】

日にち:(A講座)11月4日(土)、(B講座)11月18日(土)
時間:両日とも14:00~17:00の3時間
場所:国分寺貸会議室
定員:14名
料金:10,800円

※(A講座)、(B講座)、別内容にて提供させていただきます。
       

※年長の皆さまを対象としています。

 

※受付開始日は、明日の早朝6時からです!!

 

 

 

感謝の意を込めまして  神山眞

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です