皆さまはどちらですか?「あと50日ある!!」or「もう50日しかない…」

教科書
-お知らせです-
明日(10日)の6時、受付開始です!!
【世田谷小合格 オールインワン講座】
日にち:11月3日(金)、11月23日(木)
時間:両日とも9:00~11:00の2時間
場所:三軒茶屋 TMイングリッシュアカデミー
定員:8名
料金:8,000円(税込み)
※両日とも同じ内容です。
※11月3日又は11月23日、どちらかの希望日を明記の上、お申し込みください。
※はじめての方は、ご住所、お電話番号も明記の上お申し込み願います。

 

 

 

 

「あと50日ある!!」or「もう50日しかない…」

小金井小・大泉合格を目指す皆さまへのメッセージ

 

 

【「数の課題」の仕上がり具合は?】

 

残り50日間。

小金井小、大泉小、共に、数の課題は、「出る」と仮定しましょう。

 

いや、仮定ではいけないかもしれません。
「出題される」と、信じて取り組みましょう。

 

今年も、「計数」、「分類計数」、「数の多少」、「同数発見」、「1対1対応」、「1対多対応」、「等分」、「数の構成」、「数のやり取り」、「数の増減」の中から、1題ないし2題でるのではないでしょうか?

 

取り組んでいく中で大切なこと                                             

それは、「完璧を求めない」ことです。                                     

「昨日より今日」、「今日よりも明日」という具合に、無理なく仕上げていきましょう。
「今、現在」よりも「試験当日」が、「より正確に」なるように、「ほんの少しでも早くなるように」取り組んでください。

 

 

【やり方はこれ!!】

 

5枚から8枚を束にします。「数課題」、「図形課題」、「言語課題」、「常識課題」などをミックスして作成してください。

1枚1枚の答え合わせをしません。8枚やり通してから答え合わせをします。

 

5~8枚の一束が終わるまでは、たとえ途中であっても、次の1枚に進んでください。
秒数は、もちろん「問題の質」にもよるので、ここでは明言できません。

 

しかし、残り50日間。                                           

どんなに、早くて正確な子がいても、時に「途中までしかできなかった体験」を、今こそ行ってください。

 

これには、必ずフォローが大切です。

 

「この問題はね、わざと短くしたんだよ」

「誰も本当はできないの」

「時々こういう”終わらない問題”もこれからは 出すからね」

「そんな時は、 “あー、終わらなかった!!もう、だめだ!!”って思わないで、“これはきっと「終わらない問題」だな”→“よし、次の問題頑張ろう”って思うんだよ」

 

このような「思考回路」も、問題を解くときのオプションの一つに加えてあげましょう。

 

 

【決めて断つ!!=すなわち“決断”】

 

その日のうちにやり方を説明します。

早い段階で、その問題の根源となるテーマの問題集(「単元別ひとりでとっくん」など)で、5ぺージでも10ページでもいいのでフォローしておきましょう。

 

ただし、ここでも、「こだわりすぎない」ことが大切で。

 

フォローもした。
でもどうしてもできない。

そんな時には、きっぱりと「次に進む」ことが大事です。

ずるずると引きずるよりも、「ここまで」と「決めて断つ」ことの方が大切な時もあります。
    

 

【本日のまとめ】

 

□残り50日間の過ごし方      

 

時間通りに終わらない時もある」→「次の問題を頑張る」
「どうしても克服できない項目がある」→「“ここまでいい”と決めて断ち、思い切って次に進む」

 

 

 

 

小金井小・大泉小合格 オールインワン講座は、2日間とも同じ内容でご提供の予定でした。

しかし、たくさんの方から、「2日間出たいので別内容でお願いします!!」

そんなご要望をいただきました。

できる限り、ご要望にお応えしたいので、「別内容」にて提供させていただきます。

 

【小金井・大泉合格 オールインワン講座】
日にち:(A講座)11月4日(土)、(B講座)11月18日(土)
時間:両日とも14:00~17:00の3時間
場所:国分寺貸会議室
定員:14名
料金:10,800円
※(A講座)、(B講座)、別内容にて提供させていただきます。

 

受付開始日は、10月13日(金)の早朝6時からです!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です