受験直前期のお子さまをお持ちの方&受験を1年後に控えたお子さまをお持ちの方

403

 受験直前期のお子さまをお持ちの方

受験を1年後に控えたお子さまをお持ちの方

 

今この時期に、

「何をすべきですか?」と聞かれたら、

私は迷うことなく、即座にこう答えます。

 

「お手伝いをしましょう!!」

「遊びましょう!!」

「待ちましょう!!」

「励ましましょう!!」

「勇気づけましょう!!」

 

 

 

【お手伝い】

 

「お手伝い」をしましょう。

「毎日」です。

 

できれば、決まったお手伝いを、同じ時間に同じ場所でできるようにするとよいでしょう。

 

「継続できたこと」が自信につながります!!

 

「大泉小」のように、「ぞうきんを絞る」なんて課題が出る時もあります。

「口頭試問」で、“何かお手伝いをしていますか?”なんて聞かれることもありますよ。

 

 

 

【待つ】

 

幼児期における、「できなかったことのほとんど」は、いつか必ず「できる」ようになります。

ペーパー課題然り、製作課題然り、運動課題然りです。

 

「試験にあわせなきゃ」と思い過ぎると、指導が行き過ぎてしまうことがあります。

すると、お父さまやお母さまの気持ち自体に余裕がなくなってしまいます。

 

そのような状況が続くと、お子さまの「精神状態」、「表情」、「やる気」に影を落とすことになります。

 

「試験に向けた完璧主義」が高じてしまったり、「試験に向けた不安」でいっぱいになってしまったら、その動きに一度ストップをかけて、「待つ」ことを思い出してください。

 

 

 

【遊ぶ】

 

「遊ぶ姿」

それこそが、幼児期のあるべき姿です。

 

そして、「遊ぶときは思い切り」

ここが大切です。

 

帰ってからの「お勉強時間の確保」など、気になることは山ほどあるでしょう。

しかし、「遊ぶ時間の確保」ほど大切なことはありません。

 

「将来に必要なほとんどのこと」をここで養っているのですから。

 

遊びましょう!!

お友だちと遊びましょう!!

お父様やお母さまと遊びましょう!!

ひとりで遊ぶことも大いに結構!!

 

 

 

【励ます】

 

「できるよ!!」、「大丈夫だよ!!」、「頑張ったね!!」、「凄いよ!!」、「ありがとう!!」、「大好きだよ!!」、「嬉しいな!!」、「いいねぇ!!」

 

子どもたちはいつだって待っています!!

たくさんの言葉で励まし続けましょう!!

 

 

 

感謝の意を込めまして  神山眞     

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です