「世田谷小合格オールインワン講座」受付は10月10日(火)の朝6時です!!

02 くだもの秋の

「ん?何だか簡単そうだな…」

世田谷小の過去問
手に取り、ペラペラとめくったとき
大多数の方々が次のような感想をもちます

 

第1位:「ん?何だか簡単そうだな…」

第2位:「毎年同じように見えるぞ…」

第3位:「これ、絶対にうちの子できるよ…」

 

そうなのです!!
世田谷小の試験は、
「簡単そう」で「毎年同じよう」で「誰にでもできそう」
に見えるのです。

 

ですが、
実際のところはというと…

 

 

これが、
意外とできません!!

 

「神山さん!!そうやって、不安をあおって講習会に誘導するつもりなんじゃないですか?」

「だいたい、神山さんは、いつも大袈裟なんですよ!!」

 

 

皆さまがそう思われるのも無理はありません。
でも
本当に
世田谷小の課題は、 
“意外とできない”のです
なぜか?







その理由は、「独特な試験のスタイル」にあります。

 
<独特なスタイル“其の壱”>
「ペーパーは赤のサインペンを使用」

 

赤のサインペンで、解答欄に記入するのは、かなり難しいです。
赤のサインペンを使った「運筆」は、大人がやっても失敗することがあります。

 

そう、鉛筆やクーピーを使うことに慣れた子どもたちにとって、赤のサインペンは、かなり使いづらいみたいなのです。

 

握り方がきちんとしていないと、「〇」を一つ描くにしても、「ガガッ…ガッガッガガ…ガッガッツ」となり、滑らかさが、途端に消え失せてしまいます。

 

金属バットでホームランを量産した高校屈指の長距離砲が、プロに入った途端、木製バットに馴染めずスランプにあえぐ、そんな感じに例えられるでしょうか

 

赤のサインペンだけでも大変なのに、「立って行う」という年もありました。
“ペーパーを立って行う”→「なぜだ!?」
斬新すぎるそのスタイルは、子どもたちだけでなく、塾関係者をも戸惑わせたものです。

 

 

<独特なスタイル“其の弐”>
「前に進まないケンケン・ケンパー」

 

公園や園庭で「ケンケン」や「ケンパー」で遊んでいる子はよく見かけます。
例外なく、みんな、前に進んでいます。

 

ですが、世田谷小では、「ケンケン」も「ケンパー」も前に進みません。
というよりも、前に進んではいけないのです。

 

この前に進まないスタイルを
私たちは、「その場ケンケン」、「その場ケンパー」と呼びます。
これが、思うよりはるかに難しいです。
グラグラ、フラフラしてしまうのです。

 

「ケンケン」と「ケンパー」は、前に進む“勢い”があるから、ぐらついたり、ふらついたりしません。
自転車と同じ理屈です。
走っていない自転車は、ぐらつきふらつき、やがて倒れてしまいます。

 

世田谷小の「運動課題」は、ここのところずっと「模倣体操」と呼ばれるものが行われています。
その「模倣体操」には、「その場ケンケン」、「その場ケンパー」がほとんどと言っていいほど組み込まれています。

 

世田谷小を目指すのなら、「その場ケンケン」と「その場ケンパー」のぐらつきを無くす!!このことが前提となるのですね。

 

 

 

独特なスタイル其の三、其の四、其の五…
まだまだ続きます。

 

独特なスタイルを知り
独特なスタイルを学び
独特なスタイルを克服したい

 

そのような方は
地球丸の「世田谷小合格オールインワン講座」にいらしてください

 

全ての「独特なスタイル」を、一日で学ぶことができる
それが「世田谷小合格オールインワン講座」です
お子さまに伝えるだけでなく
保護者の皆さまにも授業説明の形で伝えます。

 

「世田谷小合格オールインワン講座」は11月に行われます。
受付開始は、10月10日の火曜日です!!
早朝6時より、地球丸HP「お問い合わせフォーム」からお申し込みください!!

 

 

【世田谷小合格 オールインワン講座】
日にち:11月3日(金)、11月23日(木)
時間:両日とも9:00~11:00の2時間
場所:三軒茶屋 TMイングリッシュアカデミー
定員:8名
料金:8,000円(税込み)
※両日とも同じ内容です。

 

 

 

感謝の意を込めまして    神山眞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です