夏休みは、手先の巧緻性を行う

ラーメン

ラーメン

 

【夏休みは、ペーパーの合間に手先の巧緻性を行う】

 

 

夏休みに、「手先の巧緻性」を行う。

これ、物凄く大切です。

 

10月になって、

「だめだ!!ちょう結びができない!」

「塗っても塗ってもはみ出す!」

「ちぎれない!!どうしても…」

といった状態ですと、たいていの方は、「手先の巧緻性」の「特訓」を始めます。

 

「特訓」自体には問題はありません。

しかし、ここに、落とし穴があります!!

 

なぜなら、

「あー、ペーパーをやる時間がない!」

「まとめの学習をやろうと思ってたのに!」

「あれ!?前にできてた問題ができなくなってる!」

となってしまうからです。

 

ペーパーは、10月に、必ず、必ず、絶対に、何が何でも、

「まとめの学習」をやらなくてはいけません。

本番で、ピークが作れなくなってしまうからです。

 

なので、

夏休みこそ、「手先の巧緻性」に時間を割く必要があるのです。

 

 

 

ところで、

夏休みの1日のスケジュールのどのあたりに「手先の巧緻性」を入れるのがベストであるか皆さんはご存知ですか?

 

以下の3つの中から正解を選んでみてください。

 

1番:ペーパーの合間に「手先の巧緻性」を行う

2番:毎食後に「手先の巧緻性」を行う

3番:夜、お風呂に入る前に「手先の巧緻性」を行う

 

正解は、

全部です!!

 

「まぁ、1日のうちのどこかでやればいいや」とか、

「ペーパーが予定より早く終わったときにやるか」とか、

「夏休みがおわるまでに、まとめてやる日でも作るか」では、ダメです。

絶対にダメです。

あいまいな予定が実行されることは、ほとんどないからです。

 

それよりも、

確実に行うことが大切です。

 

確実に行う方法の一つに、「抱き合わせ法」があります。

「抱き合わせ」の効果は、時と場所さえ選べば、実に絶大であることがわかっています。

 

「ペーパーを15分やったら、ちょうむすびを3分間やる」

「ご飯を食べ終えたら、塗り絵を必ず1枚行う」

「お風呂に入る前に、豆移し競争を行う」

 

全部、「抱き合わせ=セット」にしてしまうのです。

セットで行うことで、「やり忘れ」がなくなります。

セットで行うことで、ルーティンにしてしまうのです。

 

どうですか?

「抱き合わせ」の素晴らしい効果に気づいていただけましたか?

 

しかし、そんないいことづくめに見える「抱き合わせ法」にも、意外な「落とし穴」があることも知っておいてください。

その「落とし穴」とは…

 

 

 

続きは、明日です。

明日でもいいですか?

 

理由は、本日の3時間講座の模倣体操で、「キラキラ、ピカピカのポーズ」をした際に、肩甲骨に痛みが走ったからです。

今は、何だか、上手く肩が上がりません。

でも、大丈夫です!!

心配はいりません!!

おそらく、歳のせいです。

歳をとったので、気合では治りません。

寝て直します。

それでは、皆さまの「明日の素敵な一日」を願いつつ、寝支度にはいらせていただきます!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です